またまたシェル受注😊&モニター感想

ic9000.jpg

先程またまた、

ワールドダイブのシェルドライのオーダーを頂きました

今月2着目、思いのほか人気です(笑)

Oiちゃん、出来上がりが楽しみですね


さて、インストラクターのジュンペイがモニターを続けております

昨日勝山でのモニター報告です✋

※あくまでもジュンペイの主観によりレビューです。他のシェルドライスーツは使用経験がなく、テックダイブをしません。全てネオプレンのドライスーツ&通常のダイビングとの比較になります。

ちなみに、熱心に販売しようと思っているわけじゃないので、思惑も忖度もなく、ジユーな感じの感想です(笑)

昨日のダイブは、水温16度
3ダイブで、各ダイブ40分


インナーはモビーズのコンフォトートプライム👕

そのベースは、上は化繊のTシャツ1枚と、下は下着のみ🎽

ヒートベストは未着用


昨日の水温に対して、昨日のドライ+インナーのチョイスは、ジャストな印象

マクロレンズを持ってマクロ撮影が中心の3ダイブだったので、運動量は極端に少なかったと思いますので、移動しながらのダイブなら、サーマルの上下に、ベースレイヤーにアウトラストなどを使用すればOKかと🙌

体感温度は通常のネオプレンのドライスーツに比べて1度以上2度未満程度、低く感じます。

水中での動きにくさなどはまったくなく、逆に動きやすいということもないかな?この辺はネオプレンドライスーツと、特段違いない印象だから、むしろ動きづらいんじゃないかと思っていたシェルドライスーツに対して言えば、好印象といったところでしょう

トリムも取りやすく、何より生地そのものが水圧の影響を受けないので、姿勢の変化や水深の変化によって浮力の変化が圧倒的に少なく、BCDへの給排気の頻度もかなり少なくなります。これはかなり実感できます

ディープな深度でのビューって沢山BCDに空気入れなくて良いので、ある意味水深感じにくい(笑)

ウエイト量は・・・まだ良くわかんないっス😂

もこもこインナーで沈まないと怖いので、昨日は9キロも付けましたが、けっこーなオーバーでした💦

陸上では衝撃的なほどの動きやすさで、作業性で言ったら比べ物にならないほど。スーツを着ている感覚はゼロと言っても大げさでないです

特に肩周りやヤバい❢

腕の動きを妨げる要素がないので、肩を痛めている(四十肩?)僕にとっては、とってもグッド👍

スーツを来た状態での器材セットアップやバラし、器材の脱着時などは、とっても楽です😍

生地表面は滑りが良いので、スタビタイプのBCDでも脱着はすこぶる楽かと

アフターダイブもトイレさえ大丈夫なら着っぱなしでもまったく問題なし✋

そして、生地(アルティメイトクロス・ハイパーとかっていう大袈裟な名前😂)が他のシェルドライスーツとくらべ、薄くて圧倒的に軽い❢❢

M社のシェルドライスーツと重さを比較しましたが、まったく別物のよう❢❢

明日もテストしてみます😉

【IC9000カタログはコチラをクリック】

※PDFです。ダウンロードしてね✋

safdafa.jpg

#ワールドダイブのシェルドライ
#IC9000
#軽いシェルドライ
#シェルドライモニター
#シェルドライのイメージが変わる
#お高いスーツだけど
#現在納期に1ヶ月以上だとか
関連記事
更新順
スタッフBLOG