ダイビングを始めよう

インストラクターになる

スキルアップ

リフレッシュコース

店舗・自社プール情報

Facebook

Instagram

番❕海中世界はラッブラブ💘

2020年08月05日11時30分
脳内ダイブ


🍀🍀LINE公式アカウント🍀🍀

【👉タイムライン毎日更新中!👈】

🌊🚙インスタグラム始めました🏡🐾

@海インスタ🌊

@ファルコン号インスタ🚌

@スクーナー号インスタ🚌

@3号車号インスタ🚗

@4号車号インスタ🚙

@アンちゃんインスタ🐾

@お店インスタ🏡

★☆Facebook“いいね”宜しくです😆☆★


コSUKINAKOTO

脳内ダイブ

コビック対策

ご来店予約

【🙏HAPPYにダイビングを楽しむためのお願い🙏】

ダイビングポイントはおじいちゃん・おばあちゃん率の高い地域も多いです

食堂のおばちゃん、ダイビング船の船長、いつもとってもお世話になってます
なので、「持ち出さない・持ち込まない」が大切

✔ご乗車の際には手指消毒・靴裏消毒・マスクの着用を徹底します
✔途中立ちよるコンビニやスーパーではマスクの着用を徹底します

僕たちカレントブルーは「持ち出さない・持ち込まない」を心がけて活動しています



メタペナエオプシス・メノウイ (3)
こんにちは、HAMAです✋😄

TOP写真のエビ二匹、色・模様で見ると、皆さんきっと見慣れない感じですよね📷

でもよく見ると・・・
目やボディライン、そしておでこ辺りのギザギザ、誰もが知っているあのエビとよく似ていませんか❔
そう、エビフライでお馴染みのクルマエビです🍤

メタペナエオプシス・メノウイ番
実はコイツ、まだ和名のないクルマエビの仲間で、基本生息域の熱帯域でもそう出会えない学名メタペナエオプシス・メノウイという珍しいエビです🦐

そんな珍しいエビですが、コイツと出会ったのは伊豆の海🌊
飛行機に乗る事もなく、普通に車で赴いた週末ダイブでの遭遇でした🚙

きっと、黒潮に乗って南の海から来てくれたところに偶然出会したって感じでしょう

でも不思議なのはここから
伊豆での出現報告自体ほぼないようなエビなのに、この唯一の遭遇が『番(ツガイ)』だったって事です
メタペナエオプシス・メノウイ (2)
セットで手と手をつなぎ合って飛んできた
・・・なんて事は流石にないでしょうし、別々に飛ばされてきた幼生二匹がこっちの海で運良く育ち、そして運良く出会って、二匹仲良く並んでいた🦐💘🦐

きっとそんな感じなんでしょうね
考えるとすんごい偶然ですよね✨

広い海の中で同種の♂と♀がどうやって互いの存在に気付き、そしてどんな風にして惹かれ合うのか❕❔
ん~、考えれば考える程興趣深いですね✨

という訳で、
マダイ番 イソカサゴ番 (2)
本日の脳内DIVEのテーマは『番(ツガイ)』です💘

今回は写真多めなので、お手隙の暇つぶしにお読み下さい✋

では、色んな番と出会いに脳内DIVE🌊
いざ、エントリー👎



番が仲良く並ぶシーンで特によく見掛けるのは、
アカエソ番 (3) ホシノエソ番 (3)
エソの仲間でしょう🐟(アカエソ、ホシノエソ)

トラギス番 (2) ヨメヒメジ番
トラギスやヒメジの仲間も比較的遭遇頻度は高いですよね🐟(トラギス、ヨメヒメジ)

一見閑散として見える砂地でのダイブですが、番をはじめとした生態シーンとの遭遇チャンスはとても高いので、ちょっと意識しただけで見るものは一気に増えます

オトメハゼ番 ササハゼ番
ヒレナガネジリンボウ番 クロイトハゼ番 (4)
砂地を飛んでいるとハゼの仲間が仲睦まじく並ぶシーンもよく目にしますね🐟(オトメハゼ、ササハゼ、ヒレナガネジリンボウ、クロイトハゼ)

伊豆、房総の定番人気種達も番でいるところに遭遇すると、単体と出会うよりも何だかちょっとLUCKYな気分になりますね🎵

カエルアンコウ番 オオモンカエルアンコウ番
カエルアンコウ&オオモンカエルアンコウ🐟
カエルアンコウは基本単独で暮らす魚なので、近距離で二匹並んでいる時は必ずと言っていい程♀のお腹がぽっこり膨らんでいます👶
そういう時は、♂が♀のお腹をツンツンして産卵を促すシーンに遭遇するチャンスでもあります
これから出会した際には、ちょっと期待しちゃいましょう

サンゴタツ (5) タツノイトコ番
サンゴタツ&タツノイトコ🐟
タツの仲間は♂が育児嚢を持つので、お腹がぽっこり膨れているのが見て取れたら、逆にそっちが♂です

カミソリウオ番 ウミテング番
カミソリウオ、ウミテング等も、単体よりも番でいるところに遭遇した方が何かちょっと有難味が増しますよね🐟

オハグロベラ求愛 オグロベラ番
オハグロベラ&オグロベラ🐟
ヒメギンポ番 (4) ヘビギンポ番 (2)
ヒメギンポ&ヘビギンポ🐟

この辺の魚達は♂と♀で体色が違ったり、婚姻色があったりします
知らずに遭遇すればまず間違いなく、別種二匹が並んでいるのかと思ってしまいますよね、こんだけ見てくれが違うと

ヤマドリ番 オニカサゴ番 (3)
ヤマドリ&オニカサゴ🐟
サンセットダイブ、ナイトダイブではこれらの魚の放卵放精のシーンが見られるチャンス
魚によってその時間が違うので、そこに合わせてエントリーするのも面白いですね

エビの仲間はどっちが♂でどっちが♀か、見て直ぐ分かるものが多いです🦐

トガリモエビ番 ビシャモンエビ番 (5)
細長い珊瑚に付くエビ🦐(トガリモエビ、ビシャモンエビ)

アヤトリカクレエビ番 イソギンチャクモエビ
イソギンチャクに付くエビ🦐(アヤトリカクレエビ、イソギンチャクモエビ)

ハクセンコマチテッポウエビ 番 (2) ヒトデヤドリエビ番
棘皮動物(ウミシダやヒトデ)に付くエビ🦐(ハクセンコマチテッポウエビ、ヒトデヤドリエビ)

どれも一匹が大きく、一匹が小さいですよね
大きいのが♀、小さいのが♂なんです
色や模様が違っても関係なく、一目見て分かるのが興趣深いですね✨

同じ甲殻類でもカニの仲間は、
コノハガニ番 ナカザワイソバナガニ (4)
甲羅の形で♂と♀が分かるものもいれば、お腹を見ないと分からないものまで色々です🦀
(コノハガニ&ナカザワイソバナガニ)

『番(ツガイ)』
そこを意識をして海中世界の住人達に目を向ける事は、海中世界における生態シーンの中でも取り分け神秘的な❝産卵行動❞や❝求愛行動❞等を目撃するチャンスの入口にもつながります

ちょっとの意識で感動的シーンとの遭遇機会はグンと増えます
これからのダイブの中で皆さんも是非意識してみて下さいね✋😄

では、本日はこれにてイグジット👍

~HAMA~
関連記事


【ご挨拶】
ブログをお読み頂き、ありがとうございます!!
カレントブルーは千葉県白井市に店舗を構えるダイビングスクールです😉
房総半島・伊豆半島の海をホームに、車🚗や船🚢で行けるエリアなら日本中どこへでも潜りにでかけております♫
ライセンス取得から、インストラクターコースまでPADIの全コースを開催中!!
器材販売・メンテナンスもお任せください♫
ダイビングに関することなら、何でもお気軽にご相談くださいね😁

お問い合わせに関してはメール・LINE・電話にて受け付けております。
LINEだと比較的レスポンス良く回答できると思います😉↓↓↓
友だち追加

ダイビング感染予防対策

☆ファンダイブツアー
每日開催リクエスト受付中☆

【料金表はこちら】

ポイントリクエストツアー

スキルアッププログラム
ファンダイビング・ダイビングスクール報告

世界遺産・本栖湖でダイビング
カレントブルーユーチューブ
水中スクーターでツーリングへ行こう
安全潜水7箇条
スポーツドライ
リンク
旧ブログ2
旧ブログ1

更新順
同カテゴリ
脳内ダイブ