ダイビングを始めよう

インストラクターになる

スキルアップ

リフレッシュコース

店舗・自社プール情報

Facebook

Instagram

流れ藻の季節🌊

2020年06月10日12時53分
脳内ダイブ


🍀🍀LINE公式アカウント🍀🍀

【👉タイムライン毎日更新中!👈】

🌊🚙インスタグラム始めました🏡🐾

@海インスタ🌊

@ファルコン号インスタ🚌

@スクーナー号インスタ🚌

@3号車号インスタ🚗

@4号車号インスタ🚙

@アンちゃんインスタ🐾

@お店インスタ🏡

★☆Facebook“いいね”宜しくです😆☆★

コSUKINAKOTO

脳内ダイブ

キャラバンスクーナー

コビック対策

ご来店予約

【🙏HAPPYにダイビングを楽しむためのお願い🙏】

ダイビングポイントはおじいちゃん・おばあちゃん率の高い地域も多いです

食堂のおばちゃん、ダイビング船の船長、いつもとってもお世話になってます
なので、「持ち出さない・持ち込まない」が大切

✔ご乗車の際には手指消毒・靴裏消毒・マスクの着用を徹底します
✔途中立ちよるコンビニやスーパーではマスクの着用を徹底します

僕たちカレントブルーは「持ち出さない・持ち込まない」を心がけて活動しています



ハナオコゼ
こんにちは、HAMAです

麦秋の海に行くと、黄金色の藻が水面に浮かんでいるのをしばしば見掛けますよね
この光景は大体晩夏位までずっと続きます

春に繁茂した海藻が水温上昇で枯れ、千切れて海面を漂う
これを総じて“流れ藻”と呼びます

TOPの写真は流れ藻と化したマメダワラに向けてシャッターを切ったもの
ですが・・・
よく見ると何か映っていませんか

こう見ると分かり易いですね
ハナオコゼ (2)
流れ藻に体色を似せたこのカエルアンコウ、名前をハナオコゼといいます🐟

カエルアンコウの仲間でありながら、水底や岩にペタッと張り付いて暮らす事を一切せず、流れ藻に乗って海原を旅するという、とんだ冒険野郎です☠🏴

カエルアンコウというとのそのそ歩く魚として有名なので、どうやって流れ藻に
って不思議に思いますが、コイツは普通に泳いで流れ藻に移ります
ハナオコゼ幼
この写真は以前、ナイトダイビングでライトトラップを仕掛けた時にふらふらと近付いてきた泳ぐハナオコゼです
へぇ、こんな風に泳ぐんだって感心させられました

と言う訳で・・・
今日は麦秋のこの季節に即し、脳内流れ藻DIVE
さぁ、行ってみましょう



流れ藻を覗き込んで一番よく目にするのがこの・・・
カワハギ幼群
カワハギ幼魚です🐟
ちゃんと体色で擬相してますね

同じカワハギの仲間でもちょっと珍しいのが、
ウマヅラハギ幼
このウマヅラハギ幼魚です🐟
背鰭の一棘、口許、クリクリ目、ボディライン等、可愛い要素満点なんですが、カワハギより遥かに見掛ける機会は少ないです

カワハギと並んで多いのが、
イシダイ幼 (4) イシダイ幼
このイシダイ幼魚でしょう🐟
赤ん坊サイズから小学校低学年位までの色んなサイズのものが流れ藻に付きます

ですが、それ以上に興趣深いのがイシダイの近縁種イシガキダイ🐟
イシガキダイ幼 (3) イシガキダイ幼 (6)
イシガキダイ幼 (5) イシガキダイ幼 (2)
成長に順じてボディの黒点がどんどん変わっていく魚なので一つの流れ藻に複数付いていると、まるで違う魚かのように見えます

幾つかの流れ藻を覗く中で、色々付きまくりの人気物件に当たると・・・
アジ科幼 (8) ニザダイ幼 (2)
モジャコ(ブリの幼魚名)、イスズミ、ニザダイ、ホウライヒメジ等、様々な幼魚達でイッパイ

特等物件に至っては・・・
流れ藻シャンデリア
正に流れ藻シャンデリア状態

コイツらは基本、流れ藻から離れたくない奴らなので、上手くいくとマスクに当たりそうな距離にまで近付く事が出来ます
このシャンデリアの中に自身の顔を放り込むのを想像してみて下さい
ん~、気分はトロピカル

成長すると格好良くなって海原を駆け巡る回遊魚達も、Jr時代は流れ藻で暮らします
カンパチ幼 ツムブリ幼 (3)
カンパチ&ツムブリ🐟
いずれも幼魚期はやっぱり流れ藻に体色を合わせていますね

そして、流れ藻DIVEで当たって取り分け嬉しいのが、トビウオの仲間達🐟
ツクシトビウオ幼
写真のツクシトビウオ、二匹いるように見えますよね
でも、実は一匹
水面に映ってこんな風に見えるんです

更に、
ツクシトビウオ幼 (3)
晴れた日に下から見上げる位置で見ると、翼が生えた魚が青空を飛んでいるみたいに見えてとってもイイ感じに
ん~、気分爽快

麦秋のこの季節に、麦秋というその言葉がぴったりくる流れ藻の色
それに体色を似せる等して寄り添い海原で生きる生き物達との遭遇
何だかワクワクしますね

季節限定な上に、状況も絞られてくるのでいつでも出来る訳ではありません
なので、チャンスがあった時には是非皆さんも、
“流れ藻”
覗き込んでみて下さいね

では、本日はこの辺でイグジット

~HAMA~
関連記事


【ご挨拶】
ブログをお読み頂き、ありがとうございます!!
カレントブルーは千葉県白井市に店舗を構えるダイビングスクールです😉
房総半島・伊豆半島の海をホームに、車🚗や船🚢で行けるエリアなら日本中どこへでも潜りにでかけております♫
ライセンス取得から、インストラクターコースまでPADIの全コースを開催中!!
器材販売・メンテナンスもお任せください♫
ダイビングに関することなら、何でもお気軽にご相談くださいね😁

お問い合わせに関してはメール・LINE・電話にて受け付けております。
LINEだと比較的レスポンス良く回答できると思います😉↓↓↓
友だち追加

ダイビング感染予防対策

☆ファンダイブツアー
每日開催リクエスト受付中☆

【料金表はこちら】

ポイントリクエストツアー

スキルアッププログラム
ファンダイビング・ダイビングスクール報告

世界遺産・本栖湖でダイビング
カレントブルーユーチューブ
水中スクーターでツーリングへ行こう
安全潜水7箇条
スポーツドライ
リンク
旧ブログ2
旧ブログ1

更新順
同カテゴリ
脳内ダイブ