正面に広がる“自分だけの世界”と・・・ 西川名ツアー報告


正面に広がる“自分だけの世界”と、

背中に背負った“責任”の狭間にある、

プロだけが知る世界



連休最終日の昨日は、西川名でダイブっ❣

Mイさんと、Mサさんと、JUMPEIの、厳ついガテン系ダイバーだけのオトコクサイ1日(笑)
P2138082.jpg

そんなヤローズを受け入れてくてたのは、青く、美しく、優しい海でした
P2138084.jpg

天気はね、雨降ったりして、陸上はメッチャ寒かったけど、水中はヤバイ
P2138090.jpg

驚くなかれ、

水温なんと、

17℃からの~18℃

2月の中旬ですよ

ふつーだったら12℃前後の海、

正常じゃないから喜んでいいのかわからないけど、でも純粋に温かいのは嬉しいっ

青さ質は、ウインターブルーというよりは、藍色の黒潮ブルー。どうなってるの?

潮はのろくて穏やかそのものっ

2ダイブ、たっぷり&まったり西川名の海を満喫!!
P2138097.jpg

P2138106.jpg

P2138109.jpg

P2138114.jpg

P2138166.jpg

P2138179.jpg

P2138189.jpg

P2138195.jpg

P2138211.jpg

P2138217.jpg

P2138143.jpg

P2138148.jpg

本当に、素晴らしい海だった✨

でも、これだけでは終わりませんよ❣もちろん3ダイブ❣

ラストダイブは・・・

せっかくこんなメンツだし、ダイブマスターコースの復習をという感じで(無理やりwww)、「オープンウォーターでのディスカバーローカルダイビング」の一部分だけを復習で、ダイブを先導することに😂

それぞれのゴールを決め、往路と復路を担当を分け、ゲーム感覚でいざスタート!!

大切なことは、

自分がゆっくりと思っているペースの、5倍以上はゆっくりと泳ぐこと

周囲をよく見て、できるだけ多くの情報を抽出し、脳内の記憶媒体に記録し、それを毎秒繰り返すこと

そして、

抽出した情報を多角的に分析して、ダイブを先導するにあたってのコースと安全と楽しみを維持すること!!

目はギョロギョロ動かし、
頭はグルグル回し続けます。

目と頭は、休ませてはいけません。
絶対に、ですよ

でも心は常に平常心、常にクールに、アドレナリンは不要です✋

呼吸を整え、気持ちは鎮めながら、でも目ギョロギョロ頭グルグル維持😂

“点”ではなく、“面”に対して集中力を発揮してください。視界の隅まで意識を行き渡らせましょう!!

情報を処理するにも、平常心を維持するためにも、「自分がゆっくりと思っているペースの、5倍以上はゆっくりと泳ぐこと」が大切なんです😉

(ダイバーのレベルアップと、自分の処理速度アップで、ガリガリと泳ぎまくることも可能ですwww)

で、

どうでしたか?

全く違った世界が、目の前に広がっていたんじゃないですか?
P2138257.jpg

P2138321.jpg

残念ながら、背中に背負ってたのは責任ではなく、パイセン(JUMPEI)の厳しい目ででしたが

正面に広がる“自分だけの世界”と、

背中に背負った“責任”の狭間にある、

プロだけが知る世界


少し感じていただけたのなら、嬉しい限りです✨

僕たちの目の前には、

いろんな山がありますね!!

その昔、

僕は、ダイバーとしての山を登ることをやめ、インストラクターとしての山を登ることを、オープンウォーターダイバーコースを受講中に、決めました

理由は簡単。

ダイバーとしての山は、どこまでも高く、広く、まだ若かった僕には、とてもじゃないけど、登りきれないほど偉大な山々だったからです。そして、すでに沢山の先輩ダイバーさんが、沢山の頂きを目指していましたから、ライバルも多くてモチベーションも予算も(笑)十代だった僕にはとても維持できないと思いました

でも、インストラクターとしての山は、どこまでも高く登っていけるだろうけど、まだ麓にいる僕にも、ひとまずは“最初の頂”が見つけやすく、その道程もシンプルに感じましたよ!!そして何より、頂きを目指すライバルが少ない(笑)

その時の僕には、ダイバーの山の頂きを目指すよりずっと、ダイビングを続けていけるイメージができる山だった気がします

でもね、登って良かったですよ!!

僕はその山の頂から、どこまでも広がる世界の存在を、知ることができたから

そう、僕は今でも、

正面に広がる“自分だけの世界”と、

背中に背負った“責任”の狭間にある、

プロだけが知る世界
を、

そんな世界を、もう25年以上、旅しています

・・・WoW

うわっ、クサッ

オジサンの語り、うっせーわって言われちゃう

まーまー、多めに見てね(笑)

もし僕と同じ山に興味がる人がいたら、是非コソッと僕に、声をかけてくださいね♬

僕ならきっと、皆さんのお役に立てると思いますから

いくつになったって、
生きてる以上は死ぬまでチャレンジっ!!

というわけで、良い海&僕の思いつきに付き合ってくれたMイさん&Mサさん、ありがとございました

水中トランシーバー (2)

ロゴジーズテストもご協力ありがとうございました✨

JUMPEI
関連記事
更新順
スタッフBLOG