Welcome to staff blog

カレントブルーのスタッフブログへようこそ!.
海のこと、お店のこと、ダイビングショップの日々を、
毎日楽しく元気いっぱいに更新中です!.


店舗・自社プール情報
ダイビングを始めよう
リフレッシュコース
インストラクターになる
スキルアップ
Facebook
Instagram
LINEタイムライン
キャラバントリップ

🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢
ダイバーデビュー歓迎❣
ライセンス取得コース開催中

お一人様歓迎❣年間100日以上開催❣
ファンダイブツアー開催中

スキルに不安があっても大丈夫❣
PADIアドバンスコース開催中

プロ資格が取得できる❣
PADIダイブマスター/インストラクターコース開催中

初心者のためのフォローアップツアーがある❣
安心してゆっくり潜れる初心者ツアー開催中

最新のダイビング器材やスーツがお得に購入できる❣
メンテナンスセンター併設でアフターも安心

千葉ニュータウン中央駅・西白井駅・白井駅
集合/解散できます

市川駅・西船橋駅
集合/解散できます
木下街道沿い各所
ピックアップできます
🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢🐳🐢
最新ツアースケジュールはコチラから↓↓↓
ツアースケジュール
ドリフト/秘境遠征TEAM↓↓↓
カレントブルー神子元ツアースケジュール

本日のピックアップツアーPART①↓↓↓


本日のピックアップツアーPART②↓↓↓


👉【ピックアップツアー情報はコチラ】👈
17

砂地とその周辺エリアでハゼ三昧🎵

ネジリンボウ番
おはようございます、HAMAです😄

TOPの写真は西伊豆では普通種、東伊豆では激レアという点が実に興趣深いハゼ科の魚、ネジリンボウです🐟
番(ツガイ)で仲睦まじく二匹並んでホバリングする姿はいかにもハゼって感じですよね♂💛♀

ネジリンボウ ♀(2) ネジリンボウ♂ニシキテッポウエビ (2)
第一背鰭の後縁がくっきりと黒で縁取られていると♀、それがないと♂です✋
成長した♂になると第一背鰭がTOPのもののように長く伸びるので遠目でも直ぐ判ります

同じネジリンボウ属でも、
ヒレナガネジリンボウ番
このヒレナガネジリンボウはパッと見じゃ雌雄の見分けが付きません🐟

ハゼ科の魚を楽しむ時には秘訣があります✋
ヒレナガネジリンボウ (6)
程良く潮が掛かっていると流れてくるプランクトンを食べる為に潮上に向かってホバリングしてくれるので、尾鰭までしっかり巣穴から出た鰭全開の姿で楽しむ事が出来ます✨
因みに、
ヤシャハゼ
人気種ヤシャハゼも同属で、ネジリンボウ属の魚です🐟

という訳で、本日の脳内DIVEは先週に引き続いて『ハゼ』🌊
今回は『砂地のハゼ』をテーマに潜ってみたいと思います✋
では、早速エントリー👎



砂地でハゼ科の魚を楽しむに当たって押さえておきたいのはやっぱり番シーン♀💛♂
・・・となると、
クロイトハゼ番 (4) アカハチハゼ番
クロイトハゼ、アカハチハゼ🐟
オトメハゼ番 ササハゼ番
オトメハゼ、ササハゼ🐟
等、クロイトハゼ属のハゼ達が要注目でしょう✋
二匹で並ぶ姿はとても愛らしいですね✨

コイツらはパッと見では雌雄の判別が出来ないタイプのハゼ達です

雌雄判別で言えば、し易いものでは、
クサハゼ♀ クサハゼ♂
第一背鰭が短いと♀、長くてキラキラ斑点があると♂のクサハゼ🐟
シマカスリハゼ♀ シマカスリハゼ♂
口がちっちゃいと♀、後ろまで裂けてると♂のシマカスリハゼ🐟
等の泥エリアを好むハゼ達がいます✋

オニハゼ属の、
オニハゼSP3番 (2) オニハゼ番
オニハゼSP3も雌雄判別が付き易く、第一背鰭の形状が雌雄で全く違います🐟
♀は斑模様の入った丸っこい背鰭、♂は二棘がピンと長く伸びたデッカイ背鰭です✋
theオニハゼは雄の方が背鰭が長いと言えば若干長いですが、見分けは付きにくいです🐟

オニハゼ属同様砂地でテッポウエビと共生するダテハゼ属、
ダテハゼ番
その番シーンとの遭遇となると、theダテハゼ以外は中々厳しいですね🐟
ミナミダテハゼ (3) ハチマキダテハゼ (3)
ミナミダテハゼ、ハチマキダテハゼ🐟
ダンダラダテハゼ幼 (3) クビアカハゼ
ダンダラダテハゼ、クビアカハゼ🐟
この辺のレアダテハゼも是非、❝番+テッポウエビ❞って感じで押さえてみたいですね🦐

番で遭遇し易いハゼと言えば、
ミジンベニハゼ番 (6)
このミジンベニハゼでしょう🐟
なので、折角なら卵保護のシーンもセットで遭遇したいところですね🥚

砂地と岩の際辺りでは、
クツワハゼ番 ホシノハゼ番 (2)
クツワハゼ、ホシノハゼ等が求愛シーンや卵保護シーンをよく見せてくれます🐟
セホシサンカクハゼ (10) カタボシオオモンハゼ
セホシサンカクハゼ、カタボシオオモンハゼ等も砂地に接した岩の下にちょこちょこっといます🐟
そういうシチュエーションでハゼ科の魚を見掛けた時には、その頭上の岩壁面を覗いてみましょう🔎
沢山の卵がそこに張り付いているかもしれませんよ✋

成魚と幼魚で遭遇シチュエーションが変わるものもいます
サビハゼ (2) サビハゼ幼群 (2)
サビハゼ🐟
ニシキハゼ ニシキハゼ幼群
ニシキハゼ🐟
等は成魚は砂地で着底していますが、幼魚期のものは群れて遊泳生活を送っています✋
ドロメ幼 (2)
成魚になると石の下等でひっそりと暮らすドロメも、尾柄部の模様が印象的な幼魚期の内は遊泳生活を送っています🐟

では最後に、砂地やその周辺エリアで見られるハゼを幾つか紹介して締めましょう✋
イトヒキハゼ ヒメオニハゼ (3)
イトヒキハゼ、ヒメオニハゼ🐟
ホシハゼ ヒメホシハゼ (2)
ホシハゼ、ヒメホシハゼ🐟
ヒメハゼ♂ シュンカンハゼ
ヒメハゼ、シュンカンハゼ🐟
ニシキオオメワラスボ ベニツケサツキハゼ (2)
ニシキオオメワラスボ、ベニツケサツキハゼ🐟
等々・・・。

❝沙魚❞・・・その名の通り、砂地やその周辺エリアは色んなハゼとの遭遇チャンスで溢れています
なのでどうせなら、「あ、○○○ハゼだ」で脳味噌の動きを止めてしまう事なく、番やその求愛シーン、共生エビとのツーショット、卵保護光景、ハゼ御自慢の美しい鰭の全開シーン等、その次の展開に注意を払いながら遭遇を楽しんで下さいね😉

それでは、『砂地のハゼ』をテーマにお送りした本日の脳内ダイブ🌊
この辺でイグジット👍

~HAMA~
関連記事


【ご挨拶】
ブログをお読み頂き、ありがとうございます!!
カレントブルーは千葉県白井市に店舗を構えるダイビングスクールです😉
房総半島・伊豆半島の海をホームに、車🚗や船🚢で行けるエリアなら日本中どこへでも潜りにでかけております♫
ライセンス取得から、インストラクターコースまでPADIの全コースを開催中!!
器材販売・メンテナンスもお任せください♫
ダイビングに関することなら、何でもお気軽にご相談くださいね😁

お問い合わせに関してはメール・LINE・電話にて受け付けております。 LINEだと比較的レスポンス良く回答できると思います😉↓↓↓

友だち追加



○リクエスト:リクエスト募集中
△リクエスト:ご相談ください
✕リクエスト:リクエスト締切
☆ツアー&スクール每日開催リクエスト受付中☆


ポイントリクエストツアー

コビック対策

ご来店予約

脳内ダイブ
コSUKINAKOTO

スキルアッププログラム
世界遺産・本栖湖でダイビング
カレントブルーユーチューブ
スポーツドライ
安全潜水7箇条
リンク
旧ブログ2
旧ブログ1